FC2ブログ

きこりんと住む家

平屋での生活。いまは庭づくりメインです。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




雨漏り修繕第1弾~換気口&点検口取付終了 :: 2013/02/20(Wed)


おはようございます。


屋根の雨漏り(すがもり)対策の第一弾として、月曜日に工事がありました。


勾配天井になっているファミリールームの軒天に、軒天換気口なるものが取り付けられました。


kanki_b.gif

ここに、



kanki_a2.gif

こういったものが、

kanki_a1.gif


こんな感じで取り付けられました。

作業としては、軒天に切り込みを入れて、大工のおじちゃんがのこぎりでギコギコと軒天を切り取り、

換気口をガガガッと取付。

この写真には2ヶ所しか見えてませんが、もう1つあるので全部で3ヶ所。


通常屋根裏への換気は軒天見切縁換気口というのが取り付けてあって、

そこから入ってくる空気だけで十分らしいんですが、

我が家の場合は平屋で勾配天井で、挙句ファミリールーム側にロフト入り口があるもんだから、

出来る限り天井高確保なんて字が図面に載っちゃったぐらいでして、

そのために天井裏から屋根までの空間がぐっと狭くなっていまっているらしいのです。


そのせいなのか、空気の流れが思ったよりも少なくて、

部屋の暖房の熱が屋根に伝わりやすく、

積もった雪を融かして、

でも外は寒いから日が暮れれば再度凍って、

・・・とまぁ、なんちゃらかんちゃらですがもりの原因になってしまったわけで、

そこでスミリン提案の対策は、屋根裏への換気量を増やすために新たに換気口をつけるということなんですね。



そして登場したこの換気口。


さあこれで無事解決となりますか。



ついでに、今回の雨漏りによって分かったんですが、

我が家の屋根裏は東と西に分断するようにある勾配天井のために、

当初から点けられていた東側の天井点検口だけでは西側の屋根裏が点検できないことが分かりまして、

今回西側にある和室の押入れ天井に点検口を新たに設置。


その後生産Sさんに屋根裏を点検していただいた結果、いまのところ異常なしということでした。


よかったわぁ~。


正味2時間程度の工事で終わりました。



今回は短時間で終わりましたけど、雨漏り修理第2弾は大掛かりになる予定です。

なにしろファミリールームの壁を一度取っ払って断熱材の状態をチェックして、再度壁をつけてクロス貼ってという作業になるので、どうも1日では終わらないらしい。



週末には1年点検もあるし、ちょっと今週はバタバタしてます。






☆素敵なお家がいっぱい☆
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ


いつも応援ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. ○建築後日記(修繕工事など)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<1年点検で分かったこと | top | トイレトラブルのその後。・・・穴があったら入りたい>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akitama73.blog103.fc2.com/tb.php/314-60e6cdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。